ブレイクする?

breakthrough

一番わかりやすい!かもしれない? FE 85 1.4 GM レビュー(比較編)

何かを買う前の下調べはもっぱらネットになってしまい、もしネットに情報がないと調べるすべがなかったりします。

 

FE 85 1.4 GMのレビューはなかなか無かった!

 

田舎住まいには高級レンズの実機確認をする場所もないのでネットの中の少ない情報では理解が難しい!

 

事前にいろいろ調べた

よく見てたのはココのサイトだった。

www.dxomark.com

 

そこで何かと比較してみると今後買う方の参考になるかもということで

画角の違う二つのレンズで玉ボケを比較してみます。

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

SONY FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM

 

FE85の特徴はSONYHPより

研磨が非常に難しい形状の非球面レンズの表面を、0.01ミクロン単位という従来よりも高い精度で管理し、非球面レンズで発生しやすい輪線ぼけを大幅に低減することで、美しいぼけ味を損なうことなく高い解像感を実現しています。さらに、高解像度時代のボディの能力を最大限に発揮させるため、G Masterはクラス最高レベルの解像性能を目指し、従来よりも高い設計基準を設けて開発しています。

 

FE55の特徴はSONYHPより

内面反射を低減する最新の設計技術により、ハイライトから漆黒までの微妙なコントラストを再現します。大口径F1.8の絞りにより、フルサイズならではのぼけ味を生かした望遠風の撮影や、レンズを絞り被写界深度を深くして、遠近被写体を生かした広角風の撮影など、多彩な表現が可能です。また、夕暮時や室内撮影など、手ブレや被写体ブレしやすい環境下でも明るいレンズが威力を発揮。リニアモーターとインターナルフォーカシングによる、なめらかで静粛性の高いフォーカシングも魅力です。

 

レンズごとに二つの特徴を抜き出してみると

FE85特徴:①輪線ぼけを大幅に低減する

      ②美しいぼけ味を損なうことなく高い解像感

FE55特徴:①ハイライトから漆黒までの微妙なコントラストを再現

      ②ぼけ味を生かした望遠風の撮影

 

二つのレンズを解放から4段絞ったところまでの写真を使って

輪線ぼけ低減とボケ味を比較してみます。

 

比較条件

出来るだけ同じ構図で撮影し、同じ倍率でトリミングしています。

 

FE55トリミング前の写真

f:id:minmindaha:20170121133145j:plain

絞っていくにつれて玉ボケのカタチがきれいになっています。

 

FE85トリミング前の写真

f:id:minmindaha:20170121133352j:plain

FE55より玉ボケが大きいですね。

 

FE55トリミング

f:id:minmindaha:20170121133529j:plain

すべてが輪線ぼけしていますが綺麗に解像しています。

 

FE85トリミング

f:id:minmindaha:20170121133924j:plain

輪線ぼけがなく、解放からしっかり解像しています。

 

そもそも、ここまで拡大する人もいるかな?笑

 

どちらのレンズもよいです。

 

結局何がいいたいかというと私は85mmが好きです!